安心介護紹介センターで入居を決めると最大15万円のお祝い金

グループホーム常輝の里【草津市】料金と空き状況

グループホーム

住所
滋賀県草津市志那中町25番地
料金
入居費用
0.0万円
月額費用
14.0万円
交通
JR草津線 草津駅
空室状況
-
こだわり
夜間有人

草津市周辺の施設の空室確認・見学予約、施設入居のご相談ができます!

まずはお気軽にご相談ください。

情報修正や提携に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお問合せください。

掲載情報に関するご案内

当サイトは「グループホーム常輝の里」と提携しておりません。掲載している情報は、厚生労働省の情報など、一般に公開されている情報をもとに、当サイトの方で収集、編集を加えまとめたものになります。施設に関する詳細・最新の情報につきましては施設運営元のWebサイトや電話で直接ご確認ください。

事業者様からの情報修正や提携に関するお問合せは、お手数ですがこちらのフォームよりご連絡ください。

グループホーム常輝の里の料金プラン

プラン
居室詳細
居室数
入居時
月額料金
基本プラン
ユニット型個室
9.9㎡
18室
-
140400

基本プラン

居室数
18室
居室の広さと種類
9.9㎡/ユニット型個室
入居時料金
-
月額料金
140400

入居費用の内訳

入居一時金
-
その他
-

月額料金内訳

賃料
7万2000円
管理費
-
食費
4万6800円
水道光熱費
1万2000円
上乗せ介護費
-
その他
9600円

ここに記載の料金は、参考価格です。正確な料金は施設にお問い合わせください。


料金プランに関する説明

・賃料:2400円/日×30日で計算
・食費:1560円/日×30日で計算
・水道光熱費:400円/日×30日で計算
・その他の内訳:(教養娯楽費70円+寝具レンタル費150円+日用品費100円)/日×30日で計算

《追加費用》
・おむつ代(1枚あたり):尿取りパッド20円、リハビリパンツ150円、テープ止めオムツ100円
・医療費:実費
・持込電化製品電気代:1点あたり50円/日
・個人の趣味に関する活動や個別の外出などにかかる費用:実費


居室設備

草津市(滋賀県)の費用相場

入居時料金月額料金
入居時費用あり入居時費用0円
平均値14.7万円18.4万円15.3万円
中央値10.0万円16.4万円15.0万円

グループホーム常輝の里の近くのその他の施設

介護保険自己負担額

上記の料金プランとは別に、毎月、介護度に応じて下記の金額がかかります。

要支援2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5
1ユニット25,080円25,212円26,400円27,159円27,720円28,314円
2ユニット24,684円24,816円25,971円26,763円27,291円27,852円

※1日分を30日換算した金額です。
※金額は1割負担の場合。
※入居時の条件などにより別途金額が加算される場合があります。

体験・ショートステイ

体験入居
-
ショートステイ
なし
認知症対応型通所介護
なし

保証金(入居時前払金)の詳細

償却の有無
なし
償却期間
-
償却方法

-

保証金の保全措置
-

入居条件

年齢
-
保証人・引受人
-
生活保護受給者
受け入れ不可
要介護度
-

その他条件

入居条件

重要事項説明書に記載

退居条件

重要事項説明書に記載

看護・医療体制

医療面の受け入れ

インシュリン投与
-
胃ろう
鼻腔・経管栄養
ストーマ・人工肛門
在宅酸素療法
人工呼吸器
褥瘡・床ずれ
たん吸引
人工透析
気管切開
中心静脈栄養
カテーテル・尿バルーン
ペースメーカー
筋萎縮性側索硬化症
誤嚥性肺炎
喘息・気管支炎
パーキンソン病
廃用症候群
うつ・鬱病
統合失調症
リウマチ・関節症
骨折・骨粗しょう症
脳梗塞・クモ膜下出血
心筋梗塞・狭心症
がん・末期癌

認知症の症状別受け入れ

アルツハイマー型認知症
受け入れ可
脳血管性認知症
相談可
レビー小体型認知症
相談可
高次脳機能障害
ピック病
帰宅願望
奇声
被害妄想
粗暴行為
幻聴幻覚
不穏
異食行為
介護拒否
徘徊

感染症の受け入れ

肝炎
結核
疥癬
梅毒
HIV
MRSA
B型肝炎
C型肝炎

グループホーム常輝の里の近くのその他の施設

グループホーム常輝の里の職員体制

入居者とスタッフの比率
-
看護職員
常勤 -人/非常勤 -人
看護体制
-
看護師の確保方法職員として配置
契約先-

※グループホームでは、入所者3人に対して最低1人の介護または看護職員の配置が義務付けられています。

介護職員が有している資格

介護福祉士10人
実務者研修2人
介護職員初任者研修5人
介護支援専門員1人

協力医療機関

淡海医療センター
診療科目内科、外科、歯科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、心療内科、リハビリテーション科、精神科、内視鏡科
協力内容

受診・入院時の情報の共有、相談等

あなむら診療所
診療科目内科、消化器科、小児科
協力内容

受診、医療的分野の相談等

ふせファミリー歯科
診療科目歯科
協力内容

定期的な歯科検診の実施、必要時の受診・往診、相談

あゆかわ歯科クリニック
診療科目歯科
協力内容

定期的な歯科検診の実施、必要時の受診・往診、相談

バックアップ施設

なし
協力内容なし

グループホーム常輝の里の近くのその他の施設

所在地(グループホーム常輝の里)

交通JR草津線 草津駅
住所〒525-0006滋賀県草津市志那中町25番地
駐車場有無-

施設情報

施設名称(ヨミ)グループホーム常輝の里(ぐるーぷほーむ ときのさと)
施設所在地〒525-0006 滋賀県草津市志那中町25番地
施設種別グループホーム
建物構造木造(準耐火)造り1階建ての1階部分
入居定員-
電話番号077-568-2406
公式ホームページhttps://tokinosato-k.com/pages/15/
介護事業所番号2590600066-00
損害賠償保険加入
地上階・地下階-
敷地面積1331.0㎡
延床面積496.86㎡
居室総数-
居室面積-
土地の権利形態-
建物の権利形態-
居住契約の権利形態-
建築年月日-
開設年月日2011年04月01日
指定の更新日介護サービス2017年04月01日
介護予防サービス2017年04月01日
消火設備スプリンクラー、火災受信機、自動火災通報装置、消火器
共用施設設備AED1台
介護機関(生活保護の介護扶助を行う機関)の指定受け入れ不可
登録喀痰吸引等事業者なし

掲載情報について

掲載している情報は厚生労働省の介護サービス情報公表システムから転載してきている情報です。2023年04月04日時点の公開情報のため、現状とは異なっていたり、情報に誤りがある場合があります。正確な情報については、施設にお問い合せください。
運営事業者名社会福祉法人寿会
運営者所在地〒525-0006 滋賀県草津市志那中町25番地
設立年月日1999年09月11日
法人等が同都道府県内で実施するサービス
訪問介護訪問介護事業所 常輝の里
通所介護草津市北部デイサービスセンター常輝の里
認知症対応型共同 生活介護グループホーム常輝の里
居宅介護支援指定居宅介護支援事業所 常輝の里
介護予防認知症 対応型共同生活介護グループホーム常輝の里
介護予防支援指定居宅介護支援事業所 常輝の里

施設の概要

運営方針
基本運営方針 ①残存能力を活かした生活 認知症になっても、今まで培われてきた能力や生活史のすべてが奪われるわけではありません。失われた能力に注目するのではなく、お一人お一人の残存記憶・残存能力を見極め、個性を大事に考えながら、その方にあったホームでの役割や出番を設定する事で、意欲ある自分らしい生活が送れるようにします。 ②家庭的な生活環境づくり ホームを「ひとつの家」と捉え、ご利用者の周りには馴染みの顔、馴染みの物が数多くあることで「家庭的な雰囲気」が作れるようにします。また、そこに暮らす方々の「集団の力」を活かして、互いに助け合いが生まれるような雰囲気作りを心がけます。 ③尊厳ある生活 生活の主体はご利用者であり、ご利用者は常に自己決定する権利を持っておられます。この自己決定を尊重し、ご利用者をホームのルールやスケジュールで管理することなく、その方その方に合わせた生活スタイルで過ごせるようにします。また、可能な限り自立した生活を送ることができるよう「自立援助」を基本とし、スタッフはさりげないフォローを心がけます。併せて、原則として心身の抑制や、夜間帯を除いてホーム玄関・出入り口の施錠等による行動制限は行いません。 ④地域とのつながり ご利用者にとってグループホームは生活の拠点です。ここでは当たり前のように毎日の生活が流れ、当たり前のようにご近所や地域とのつながりがあります。このように、ご利用者に日常の"当たり前“の生活を送っていただけるように、地域との良好な関係を築くことはとても重要なことです。地域住民の皆さんがグループホームやそのご利用者に対する理解が十分に深められるように、コミュニケーションを十分に取っていきます。
入居定員
-
職員の人数
21名
居室面積
-

運営状況の概要

利用者の権利擁護
5
サービスの質の確保への取組
5
相談・苦情等への対応
4
外部機関等との連携
3
事業運営・管理
5
安全・衛生管理等
4
従業者の研修等
5

介護予防および介護度進行予防に関する方針

基本運営方針 ①残存能力を活かした生活 認知症になっても、今まで培われてきた能力や生活史のすべてが奪われるわけではありません。失われた能力に注目するのではなく、お一人お一人の残存記憶・残存能力を見極め、個性を大事に考えながら、その方にあったホームでの役割や出番を設定する事で、意欲ある自分らしい生活が送れるようにします。 ②家庭的な生活環境づくり ホームを「ひとつの家」と捉え、ご利用者の周りには馴染みの顔、馴染みの物が数多くあることで「家庭的な雰囲気」が作れるようにします。また、そこに暮らす方々の「集団の力」を活かして、互いに助け合いが生まれるような雰囲気作りを心がけます。 ③尊厳ある生活 生活の主体はご利用者であり、ご利用者は常に自己決定する権利を持っておられます。この自己決定を尊重し、ご利用者をホームのルールやスケジュールで管理することなく、その方その方に合わせた生活スタイルで過ごせるようにします。また、可能な限り自立した生活を送ることができるよう「自立援助」を基本とし、スタッフはさりげないフォローを心がけます。併せて、原則として心身の抑制や、夜間帯を除いてホーム玄関・出入り口の施錠等による行動制限は行いません。 ④地域とのつながり ご利用者にとってグループホームは生活の拠点です。ここでは当たり前のように毎日の生活が流れ、当たり前のようにご近所や地域とのつながりがあります。このように、ご利用者に日常の"当たり前“の生活を送っていただけるように、地域との良好な関係を築くことはとても重要なことです。地域住民の皆さんがグループホームやそのご利用者に対する理解が十分に深められるように、コミュニケーションを十分に取っていきます。

併設されているサービス

-

サービスの特色

入居者さんにホームでの「役割」を持ってもらうことや「出番」の機会が多くあることで、生活しているという充実感や達成感、満足感を感じてもらえるような関わりを大事にしています。 スタッフが持つべき視点 ①尊敬 ②根拠のあるケア ③さりげないフォロー ④気づき ⑤笑い ⑥挑戦 の6つのモットーを常に意識しながらケアに当たるようにしています。 「認知症と診断された方々」ではありますが、「認知症」という部分のみを見るのではなく、まずは「人」という部分を重要視し、まずは入居者とスタッフ、そして入居者さん同士の馴染みの関係・信頼関係を築くことを第一に考えます。

入居者

入居者数
18人
平均年齢
88.3歳
入居率
100.0%
利用者の特色
-

入居者の男女比

要介護別の入居者数

年齢要支援2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5合計
~64歳0人0人0人0人0人0人0人
65~74歳0人0人0人0人0人0人0人
75~84歳0人2人2人1人0人0人5人
85歳~0人5人4人2人2人0人13人

入居期間

6か月未満6か月以上1年未満1年以上3年未満3年以上5年未満5年以上10年未満10年以上
3人4人5人3人2人1人

3か月間の退所者数

退所先要支援2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5合計
自宅等0人0人0人0人0人0人0人
介護保険施設0人0人0人1人0人1人2人
特別養護老人ホーム以外の社会福祉施設0人0人0人0人0人0人0人
医療機関0人0人0人0人0人1人1人
死亡者0人0人0人0人0人0人0人
その他0人0人0人0人0人0人0人

施設の詳細

設備

共用トイレ
男子トイレ0か所車椅子対応0か所
女子トイレ0か所車椅子対応0か所
男女共用トイレ6か所車椅子対応2か所
個室トイレ
0か所
車椅子対応0か所
浴室
個浴2か所
大浴槽0か所
特殊浴槽0か所
リフト浴0か所
その他浴室暖房、脱衣室暖房、バスボード、シャワーチェア、呼び出しボタン
食堂の設備大型テレビ各1台、小型テレビ各1台、ソファー5脚、椅子各10脚、テーブル各3台 システムキッチン、冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジ、空気清浄器 等
入所者等が調理を行う設備あり
共用施設の設備AED1台
バリアフリー屋外から玄関まで(3段)、玄関(1段)の段差以外は全てバリアフリー
緊急通報装置なし
外線電話回線一部あり
テレビ回線各居室内にあり

取得している加算状況

職員の配置・待遇等

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)ロ
サービス提供体制強化加算(Ⅱ)
サービス提供体制強化加算(Ⅲ)
介護職員処遇改善加算(Ⅰ)
あり
介護職員処遇改善加算(Ⅱ)
介護職員処遇改善加算(Ⅲ)
介護職員処遇改善加算(Ⅳ)
介護職員処遇改善加算(Ⅴ)
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)
あり
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ)

特定の疾患等への対応

認知症行動・心理症状緊急対応加算
若年性認知症入所者受入加算
認知症専門ケア加算(Ⅰ)
あり
認知症専門ケア加算(Ⅱ)
看取り介護の実施(予防を除く)

入居者への支援体制

夜間支援体制加算(Ⅰ)
夜間支援体制加算(Ⅱ)
生活機能向上連携加算
口腔衛生管理体制加算
栄養スクリーニング加算

苦情・相談窓口

窓口の名称苦情・相談窓口
電話番号077-568-2406
対応時間平日9時00分~19時00分
土曜9時00分~19時00分
日曜9時00分~19時00分
祝日9時00分~19時00分
定休日なし
留意事項-

地域との連携

運営推進会議に介護保険課職員、地域包括支援センター職員が出席 「認知症なんでも相談所」に指定されている。 地域の商店等の利用

草津市の設備が充実した施設を紹介してもらう

グループホーム常輝の里の職員体制

従業員総数21人
従業員の特色スタッフの持つべき視点のひとつとして、スタッフ同士の活発なコミュニケーションを掲げており、入居者に関することや業務に関することなど、小さなことでもお互いに伝え合うことで、「ケアの偏り」や「ケアの切れ目」を無くすように努めている。また、ケアにおいてスタッフが常に意識するものを「6つのモットー」としてまとめており、「ホームでの生活の主体は入居者である」という考えのもと、常にさりげないフォローを心がけている。 入居者の皆さんのそれぞれの生活リズムを大切にし、スタッフは気づきの目を常に持ち、その場その場でのケアの見極めを行うことで、入居者それぞれの生活ペースで過ごせるように努めている。
介護・看護職員一人あたりの入所者数-
夜勤を行う介護・看護職員数2人
従業者の健康診断の実施状況あり
介護職員の有資格者の人数18人

従業員の男女比

従業員の年齢構成

※グループホームでは、入所者3人に対して最低1人の介護または看護職員の配置が義務付けられています。

職員の人数及びその勤務形態

職能常勤:専従常勤:兼務非常勤:専従非常勤:兼務合計常勤換算人数
管理者0人1人0人0人1人0.3人
計画作成担当者0人2人0人0人2人1人
看護職員0人0人0人0人0人0人
介護職員10人0人8人0人18人13.5人
その他0人0人0人0人0人0人
計画作成担当者のうち介護支援専門員0人0人0人0人0人-

従業員の経験年数

1年未満1年〜3年未満3年〜5年未満5年〜10年未満10年以上前年度採用人数
計画作成担当者0人0人0人0人2人0人
介護職員2人2人1人7人6人4人

従業員の教育訓練制度、研修、その他の取組

介護プロフェッショナルキャリア段位制度の取組
アセッサー0人
段位取得者0人
介護プロフェッショナルキャリア段位制度なし
実施している従業員の資質向上に向けた取組
-

施設の評価

第三者による評価の実施状況

入所者アンケート調査、
意見箱等入所者の
意見等を把握する取組
(過去1年間の状況)
あり
結果の開示なし
地域密着型サービスの外部評価の実施状況
実施年月日2022年04月01日
実施した機関運営推進会議を活用した評価
結果の開示-
情報更新日:2024年01月13日

よくある質問

Q

グループホーム常輝の里の費用はいくらぐらいかかるの?

A
グループホーム常輝の里に入居した場合にかかる費用は、以下の通りです。

入居一時金: 0.0万円
月額費用: 14.0万円

なお、グループホーム常輝の里がある草津市の相場は以下のようになっています。

入居一時金: 平均14.7万円
月額利用料: 平均18.4万円
Q

グループホーム常輝の里の入居条件は?

A
グループホーム常輝の里に入居する場合、下記の条件に当てはまっている必要があります。

認知症: 受け入れ可

医療提供体制や在籍している有資格者の人数といった詳しい条件については、グループホーム常輝の里の施設情報ページをご覧ください。