安心介護紹介センターで入居を決めると最大15万円のお祝い金

グループホーム第2やわらぎ【北斗市】料金と空き状況

グループホーム

住所
北海道北斗市追分5丁目3番3号
料金
入居費用
0.0万円
月額費用
9.9万円
交通
道南いさりび鉄道線 七重浜駅 車で5分。函館バス「追分福祉センター」徒歩3分
東久根別駅から1.46km
七重浜駅から1.61km
久根別駅から2.53km
空室状況
-
こだわり
夜間有人

北斗市周辺の施設の空室確認・見学予約、施設入居のご相談ができます!

まずはお気軽にご相談ください。

情報修正や提携に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお問合せください。

掲載情報に関するご案内

当サイトは「グループホーム第2やわらぎ」と提携しておりません。掲載している情報は、厚生労働省の情報など、一般に公開されている情報をもとに、当サイトの方で収集、編集を加えまとめたものになります。施設に関する詳細・最新の情報につきましては施設運営元のWebサイトや電話で直接ご確認ください。

事業者様からの情報修正や提携に関するお問合せは、お手数ですがこちらのフォームよりご連絡ください。

グループホーム第2やわらぎの料金プラン

プラン
居室詳細
居室数
入居時
月額料金
基本プラン
ユニット型個室
11.8㎡
9室
-
99000

基本プラン

居室数
9室
居室の広さと種類
11.8㎡/ユニット型個室
入居時料金
-
月額料金
99000

入居費用の内訳

入居一時金
-
その他
-

月額料金内訳

賃料
3万1000円
管理費
-
食費
4万5000円
水道光熱費
2万3000円
上乗せ介護費
-
その他
-

ここに記載の料金は、参考価格です。正確な料金は施設にお問い合わせください。


料金プランに関する説明

・食費:30日分にて記載
・別途発生する費用
暖房費(10月〜4月):3,000円/月
理美容代:1,130円〜6,170円


居室設備

北斗市(北海道)の費用相場

入居時料金月額料金
入居時費用あり入居時費用0円
平均値1.0万円10.6万円10.7万円
中央値0.0万円10.0万円11.3万円

グループホーム第2やわらぎの近くのその他の施設

介護保険自己負担額

上記の料金プランとは別に、毎月、介護度に応じて下記の金額がかかります。

要支援2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5
1ユニット22,800円22,920円24,000円24,690円25,200円25,740円
2ユニット22,440円22,560円23,610円24,330円24,810円25,320円

※1日分を30日換算した金額です。
※金額は1割負担の場合。
※入居時の条件などにより別途金額が加算される場合があります。

体験・ショートステイ

体験入居
-
ショートステイ
あり
認知症対応型通所介護
なし

保証金(入居時前払金)の詳細

償却の有無
なし
償却期間
-
償却方法

-

保証金の保全措置
-

入居条件

年齢
-
保証人・引受人
-
生活保護受給者
受け入れ可
要介護度
-

その他条件

入居条件

(1)要支援2以上の被認定者であり、かつ認知症の状態にあること。(2)小人数による共同生活を営むことに支障がないこと。(3)自傷他害のおそれがないこと。(4)常時医療機関において治療をする必要がないこと。

退居条件

(1)正当な理由なく利用料その他自己の支払うべき費用を3ヶ月分滞納したとき。(2)伝染性疾患により他の利用者の生活または健康に重大な影響を及ぼすおそれがあると医師が認め、かつ利用者の退居の必要があるとき。(3)利用者の行動が他の利用者の生活または健康に重大な影響を及ぼすおそれがあり、かつ利用者に対する通常の介護方法ではこれを防止することができないと事業者が判断したとき。(4)利用者又は連帯保証人が故意に法令その他本契約の条項に重大な違反をし、改善の見込みがないとき。

看護・医療体制

医療面の受け入れ

インシュリン投与
-
胃ろう
鼻腔・経管栄養
ストーマ・人工肛門
在宅酸素療法
人工呼吸器
褥瘡・床ずれ
たん吸引
人工透析
気管切開
中心静脈栄養
カテーテル・尿バルーン
ペースメーカー
筋萎縮性側索硬化症
誤嚥性肺炎
喘息・気管支炎
パーキンソン病
廃用症候群
うつ・鬱病
統合失調症
リウマチ・関節症
骨折・骨粗しょう症
脳梗塞・クモ膜下出血
心筋梗塞・狭心症
がん・末期癌

認知症の症状別受け入れ

アルツハイマー型認知症
受け入れ可
脳血管性認知症
受け入れ可
レビー小体型認知症
受け入れ可
高次脳機能障害
ピック病
帰宅願望
奇声
被害妄想
粗暴行為
幻聴幻覚
不穏
異食行為
介護拒否
徘徊

感染症の受け入れ

肝炎
結核
疥癬
梅毒
HIV
MRSA
B型肝炎
C型肝炎

グループホーム第2やわらぎの近くのその他の施設

グループホーム第2やわらぎの職員体制

入居者とスタッフの比率
-
看護職員
常勤 -人/非常勤 -人
看護体制
-
看護師の確保方法職員として配置
契約先-

※グループホームでは、入所者3人に対して最低1人の介護または看護職員の配置が義務付けられています。

介護職員が有している資格

介護福祉士5人
実務者研修-
介護職員初任者研修2人
介護支援専門員1人

協力医療機関

山谷医院かみいそペインクリニック
診療科目麻酔科
協力内容

函館共愛会病院
診療科目内科、外科、歯科、小児科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、心療内科、リハビリテーション科
協力内容

入所者が、通院又は入院を必要とする状況が生じた場合は、函館共愛会病院はグループホーム第2やわらぎの依頼を受け速やかに受け入れる。グループホーム第2やわらぎが、函館共愛会病院に医師又は、その他の医療技術者の協力を求めた場合は、積極的に協力する。函館共愛会病院の職員は、健康管理、利用者の健康管理について必要な協力をする。函館共愛会病院は、グループホーム第2やわらぎが必要とする薬剤、医療技術、人的協力をするとともに、医療に関し24時間相談に応じる。

よこやま歯科診療所
診療科目歯科
協力内容

入所者が、歯科診療を必要とする状況が生じた場合は、よこやま歯科診療所はグループホーム第2やわらぎの依頼を受け速やかに受け入れる。グループホーム第2やわらぎは、利用者の歯科診療について必要な協力をする。

バックアップ施設

山谷医院はこだてペインクリニック・山谷医院かみいそペインクリニック・介護老人保健施設やわらぎ苑上磯
協力内容利用者の日常的な健康管理は、山谷医院はこだてペインクリニックの看護師又は山谷医院かみいそペインクリニックの看護師又は介護老人保健施設やわらぎ苑上磯の看護師(以下、「看護師」といいます。)と連携して行います。病状の変化等に伴う緊急時の対応については看護師が協力医療機関の医師と連絡をとり判断します。夜間においては夜勤職員が看護師と連絡をとって緊急対応を行ないます。また、必要に応じて医療機関への受診・入院の支援を行います。

グループホーム第2やわらぎの近くのその他の施設

所在地(グループホーム第2やわらぎ)

交通道南いさりび鉄道線 七重浜駅 車で5分。函館バス「追分福祉センター」徒歩3分
住所〒049-0101北海道北斗市追分5丁目3番3号
駐車場有無-

北海道北斗市のその他の施設

施設情報

施設名称(ヨミ)グループホーム第2やわらぎ(グループホームダイニヤワラギ)
施設所在地〒049-0101 北海道北斗市追分5丁目3番3号
施設種別グループホーム
建物構造木造平屋造り1階建ての1階部分
入居定員-
電話番号0138-48-5666
公式ホームページhttp://www.yawaragikai.com/gh12/
介護事業所番号0171500713-00
損害賠償保険加入
地上階・地下階-
敷地面積297.96㎡
延床面積297.96㎡
居室総数-
居室面積-
土地の権利形態-
建物の権利形態-
居住契約の権利形態-
建築年月日-
開設年月日2003年09月01日
指定の更新日介護サービス2015年08月25日
介護予防サービス2015年08月25日
消火設備-
共用施設設備-
介護機関(生活保護の介護扶助を行う機関)の指定受け入れ可
登録喀痰吸引等事業者なし

掲載情報について

掲載している情報は厚生労働省の介護サービス情報公表システムから転載してきている情報です。2023年10月10日時点の公開情報のため、現状とは異なっていたり、情報に誤りがある場合があります。正確な情報については、施設にお問い合せください。
運営事業者名医療法人やわらぎ会
運営者所在地〒049-0101 北海道北斗市追分5丁目3番7号
設立年月日1994年07月27日
法人等が同都道府県内で実施するサービス
訪問リハビリテーション訪問リハビリテーションやわらぎ
通所リハビリテーション介護老人保健施設やわらぎ苑上磯・介護老人保健施設やわらぎ苑西桔梗
短期入所療養介護介護老人保健施設やわらぎ苑上磯・介護老人保健施設やわらぎ苑西桔梗
認知症対応型共同 生活介護グループホームやわらぎ・グループホーム第2やわらぎ・グループホーム第3やわらぎ
居宅介護支援居宅介護支援事業所かみいそ・居宅介護支援事業所西桔梗
介護予防訪問 リハビリテーション訪問リハビリテーションやわらぎ
介護予防通所 リハビリテーション介護老人保健施設やわらぎ苑上磯・介護老人保健施設やわらぎ苑西桔梗
介護予防短期入所 療養介護介護老人保健施設やわらぎ苑上磯・介護老人保健施設やわらぎ苑西桔梗
介護予防認知症 対応型共同生活介護グループホームやわらぎ・グループホーム第2やわらぎ・グループホーム第3やわらぎ
介護老人保健施設介護老人保健施設やわらぎ苑上磯・介護老人保健施設やわらぎ苑西桔梗

施設の概要

運営方針
医療法人やわらぎ会(以下「法人」という。)が開設するグループホーム第2やわらぎ(以下「事業所」という。)が行う認知症対応型共同生活介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護及び短期利用共同生活介護及び介護予防短期利用共同生活介護(以下「事業」という。)の適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所ごとに置くべき従業員が、その人の有する能力を十分発揮し、たのしく笑顔で暮らせるように努力し、その人らしく生活できるように、ひとり一人を尊重して自由でくつろいだ時間が過ごせるように努めます。また、住み慣れた地域の中で馴染みの人たちとふれあいを大切に暮らせるよう努める事を目的とする。
入居定員
-
職員の人数
10名
居室面積
-

運営状況の概要

利用者の権利擁護
4
サービスの質の確保への取組
2
相談・苦情等への対応
5
外部機関等との連携
3
事業運営・管理
4
安全・衛生管理等
4
従業者の研修等
3

介護予防および介護度進行予防に関する方針

利用者の人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に努めると共に、個別の認知症対応型共同生活介護計画及び介護予防認知症対応型共同生活介護計画及び短期利用共同生活介護及び介護予防短期利用共同生活介護計画(以下「介護計画」という。)を作成することにより、常に利用者が必要とする適切なサービスを提供する。

併設されているサービス

-

サービスの特色

利用者の意思を尊重し、望ましい在宅生活が過ごせるようチームで支援するなどのサービスを提供する。

入居者

入居者数
8人
平均年齢
84.0歳
入居率
77.0%
利用者の特色
-

入居者の男女比

要介護別の入居者数

年齢要支援2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5合計
~64歳0人0人0人0人0人0人0人
65~74歳0人0人0人1人0人0人1人
75~84歳0人0人0人3人0人0人3人
85歳~0人0人2人1人1人0人4人

入居期間

6か月未満6か月以上1年未満1年以上3年未満3年以上5年未満5年以上10年未満10年以上
1人0人2人1人4人0人

3か月間の退所者数

退所先要支援2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5合計
自宅等0人0人0人0人0人0人0人
介護保険施設0人0人0人0人0人0人0人
特別養護老人ホーム以外の社会福祉施設0人0人0人0人0人0人0人
医療機関0人0人0人0人0人0人0人
死亡者0人0人0人0人0人0人0人
その他0人0人0人0人0人0人0人

施設の詳細

設備

共用トイレ
男子トイレ0か所車椅子対応0か所
女子トイレ0か所車椅子対応0か所
男女共用トイレ2か所車椅子対応1か所
個室トイレ
0か所
車椅子対応0か所
浴室
個浴1か所
大浴槽0か所
特殊浴槽0か所
リフト浴0か所
その他-
食堂の設備ユニットに設備
入所者等が調理を行う設備なし
共用施設の設備-
バリアフリー出入り口に車椅子対応スロープなど設置し、ホーム内も段差を無くしている。
緊急通報装置一部あり
外線電話回線一部あり
テレビ回線各居室内にあり

取得している加算状況

職員の配置・待遇等

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)ロ
サービス提供体制強化加算(Ⅱ)
サービス提供体制強化加算(Ⅲ)
介護職員処遇改善加算(Ⅰ)
介護職員処遇改善加算(Ⅱ)
あり
介護職員処遇改善加算(Ⅲ)
介護職員処遇改善加算(Ⅳ)
介護職員処遇改善加算(Ⅴ)
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)
あり
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ)

特定の疾患等への対応

認知症行動・心理症状緊急対応加算
あり
若年性認知症入所者受入加算
あり
認知症専門ケア加算(Ⅰ)
あり
認知症専門ケア加算(Ⅱ)
看取り介護の実施(予防を除く)
あり

入居者への支援体制

夜間支援体制加算(Ⅰ)
夜間支援体制加算(Ⅱ)
生活機能向上連携加算
口腔衛生管理体制加算
あり
栄養スクリーニング加算

苦情・相談窓口

窓口の名称ご利用者相談・苦情窓口 冨樫 正範
電話番号0138-49-8080
対応時間平日8時45分~17時15分
土曜8時45分~12時30分
日曜時分~時分
祝日時分~時分
定休日日曜・祝日、8月13日~15日、12月30日~1月3日
留意事項なし

地域との連携

夏祭りの参加等

北斗市の設備が充実した施設を紹介してもらう

グループホーム第2やわらぎの職員体制

従業員総数10人
従業員の特色-
介護・看護職員一人あたりの入所者数-
夜勤を行う介護・看護職員数1人
従業者の健康診断の実施状況あり
介護職員の有資格者の人数8人

※グループホームでは、入所者3人に対して最低1人の介護または看護職員の配置が義務付けられています。

職員の人数及びその勤務形態

職能常勤:専従常勤:兼務非常勤:専従非常勤:兼務合計常勤換算人数
管理者1人0人0人0人1人1人
計画作成担当者1人0人0人0人1人1人
看護職員0人0人0人0人0人0人
介護職員8人0人0人0人8人8人
その他0人0人0人0人0人0人
計画作成担当者のうち介護支援専門員0人0人0人0人0人-

従業員の経験年数

1年未満1年〜3年未満3年〜5年未満5年〜10年未満10年以上前年度採用人数
計画作成担当者1人0人0人0人0人1人
介護職員2人1人1人4人0人2人

従業員の教育訓練制度、研修、その他の取組

介護プロフェッショナルキャリア段位制度の取組
アセッサー0人
段位取得者0人
介護プロフェッショナルキャリア段位制度あり
実施している従業員の資質向上に向けた取組
-

施設の評価

第三者による評価の実施状況

入所者アンケート調査、
意見箱等入所者の
意見等を把握する取組
(過去1年間の状況)
あり
結果の開示あり
地域密着型サービスの外部評価の実施状況
実施年月日2009年03月26日
実施した機関福祉サービス評価機構Kネット
結果の開示-
情報更新日:2024年01月13日

よくある質問

Q

グループホーム第2やわらぎの費用はいくらぐらいかかるの?

A
グループホーム第2やわらぎに入居した場合にかかる費用は、以下の通りです。

入居一時金: 0.0万円
月額費用: 9.9万円

なお、グループホーム第2やわらぎがある北斗市の相場は以下のようになっています。

入居一時金: 平均1.0万円
月額利用料: 平均10.6万円
Q

グループホーム第2やわらぎの入居条件は?

A
グループホーム第2やわらぎに入居する場合、下記の条件に当てはまっている必要があります。

認知症: 受け入れ可

医療提供体制や在籍している有資格者の人数といった詳しい条件については、グループホーム第2やわらぎの施設情報ページをご覧ください。