ビネ

ニックネーム

ビネ

性別

男性

年代

50代

プロフィール文

今から16年前、父親に末期の肺がんがみつかり、母親も難病指定の後述靭帯骨化症の手術後で当時実家で出戻り同居の姉から連絡があり仕事を辞め北海道から実家近くにアパートを借り介護生活が始まりました。当初父母共に介護ベッド。母親は歩けず、父親は在宅酸素で療養。幸い2人とも認知の症状はなく歩けない母親の受診からのスタート。整形外科、大学病院、神経内科、血液内科等々記憶にないくらい受診した。結局近所の整形外科でのブロック注射の相性が良く回復した。併用してほぼ毎日足湯に送迎した。その後父親が悪化して他界。次はアルコール依存性の姉が子宮肉腫で他界。一人息子と旦那に逃げられたため私が喪主を務めた。その後母親が結腸癌になり手術。回復したが、その3年後、脳血管障害で緊急入院。またもや3か月後回復したが自力では歩けなくなり要介護1認定。昨年末位から転倒が増え、見守りカメラやアレク⚪などで仕事中は様子をみていた。今年2月に心不全を発症し、一度は退院したものの、施設で病院を探している間に、悪化してまた入院しています。心不全後歩けないばかりか全介助になり、意思表示がやっとの状態です。介護生活16年。家族誰一人生活環境を変えていない中、仕事を辞め、仕事を変え、住む場所を変え、姉の他界後実家に戻り、寝る部屋を変え、頑張ってきましたか、いよいよ終盤かもしれません。

介護対象者のプロフィール1

介護される方の続柄

実母

認知症の有無

無し

要介護度

要介護4

介護状況

在宅介護(同居)