【介護漫画】75歳以上の後期高齢者を対象に自治体が行っている健康診査を活用しましょう!~「どうだった?定期検診」~

75歳以上の後期高齢者を対象に自治体が行っている健康診査、ご存知でしょうか? 各自治体によって検査項目は変わってきますが、若いときから何度も受けているはずの検診も、年を取ってくると何をされているのかがわからなくなることもあるようです。

ak_4コマ第5弾_150313-01

市区町村が行う健康診査

75歳以上の後期高齢者の方を対象に、ほとんどの自治体が健康診査を提供しています。各自治体によって変わってきますが、検診項目にはこんなものがあります。

・問診…既往歴や生活習慣の調査 ・身体計測…肥満ややせすぎの調査 ・血圧測定…血圧状態の確認 ・血液検査…血液中の脂肪の状態、肝機能の障害や疾患、血糖値、感染症などの調査 ・尿検査…糖尿病の危険性や腎臓病の障害などの調査 ・貧血検査…貧血の有無の確認 ・心電図検査…不整脈、心筋梗塞、狭心症などの調査

他にも受診できる条件や時期は自治体によって異なりますので、詳しくは各自治体に問い合わせをしてください。費用も各自治体によってまちまちですが、たいてい0円から数百円程度です。

生活習慣病の早期発見や介護の予防のため、定期的にかかりつけ医にて、健康診査を受けましょう。また、歯科医院での定期検診で口の中の健康状態をチェックすることも忘れずに!

冒頭の漫画は、nappaさんよりご応募頂いた介護エピソードを元に作成させて頂いております。漫画として分かりやすくするため内容及び設定を一部改訂させていただいております。この漫画はフィクションであり、実在の人物や団体などとは関係ありません。