認知症と間違えやすい高齢者のうつ病(老人性うつ病)とは?

高齢者の認知症と間違えやすい老人性うつ病とは?

高齢者のうつ病には、一般的なうつ病と異なる点があります。また、認知症と症状が似ていることもあり、診断が難しい病気です。この記事では、高齢者のうつ病の原因や症状、対応方法などの基礎知識をまとめました。適切な診断と治療開始を目指すためにも、ぜひ参考にしてください。

>>認知症について介護のQ&Aを見る | 介護のQ&A | 

安心介護へ登録する

 

高齢者のうつ病(老人性うつ病)とは

高齢者のうつ病(老人性うつ病)とは

老年期に入るとうつ病になる要因が多くなることもあり、うつ病になる高齢者は少なくありません。高齢者のうつ病は、老人性うつ病とも呼ばれています。

高齢者のうつ病では、1/3から1/4程度にしか典型的な症状が出ないといわれており、診断が難しいのが特徴です。本人自身がうつ病に気づきにくいことや、記憶力の衰えなどの症状もあるため、認知症と間違われることもあります。認知症とうつ病では必要な治療が異なるため、適切な診断を受けることが大切です。

高齢者にうつ病が多い理由

高齢者になると、仕事を退職したり身近な人と死別したりといった大きな喪失体験、病気の慢性化などの健康の減退、親しい人が病気になったことや介護へのストレス、深刻な経済的危機、社会的孤立など、うつ病を引き起こす要因が多くなります。

また、脳卒中などの身体疾患の合併症としてうつ病を引き起こすこともあります。

高齢者のうつ病(老人性うつ病)の症状

高齢者のうつ病(老人性うつ病)の症状とは?

高齢者のうつ病ではどのような症状がみられるのでしょうか。特徴と共に確認しておきましょう。

うつ病の4つの症状

うつ病は人や病気の経過によって症状の程度は異なりますが、主に次の4つの症状が現れます。

うつ気分

興味や喜びの喪失、落ち込む、寂しい、不安、強い罪の意識、死にたい など

意欲の低下

やる気がしない、集中できない、思考力の低下、物事を決めるのが面倒になる など

身体的症状

睡眠障害(不眠や過眠)、食欲異常(食欲低下や過食)、極度の疲労感 など

妄想

健康状態に不安を抱く「心気妄想」、貧しくないのにお金がないと思い込む「貧困妄想」、自分が悪いことをしたという気持ちが強くなる「罪業妄想」の3つの妄想が生じやすいといわれています。

高齢者のうつ病の特徴

うつ病で一般的に現れる症状のうち、一部だけが強く現れたり、逆に目立たなかったりすることが高齢者のうつ病の特徴です。また、「もの覚えが悪くなった」など、記憶力の衰えを自覚した発言も多くなります。うつ気分が目立たないことも特徴です。

認知症と高齢者のうつ病(老人性うつ病)の違い

認知症と高齢者のうつ病(老人性うつ病)とは何が違うのか

高齢者のうつ病は、医療機関で使われている長谷川式簡易知能評価スケールなどの認知症のテストでも認知症と同様に低い点数となるため、認知症と誤って診断されることがあります。ただし、うつ病から回復するとこの点数は改善するため、真の認知症と区別する必要があります。高齢者のうつ病と認知症の区別は病院での検査のみで区別することは難しく、普段の様子を知っている家族からの情報も重要になります。

認知症とうつ病には、どんな点に違いがあるのかを確認しておきましょう。

進行速度

認知症は体験自体を忘れてしまう記憶障害から始まり、階段を下りるようにゆっくりと進行していきます。高齢者のうつ病は、抑うつ症状や心気妄想などの症状が何らかのきっかけにより急激に出るようになります。

症状の変動

うつ病では午前中は調子が悪く、午後以降は気分が軽くなることが多いという特徴があります。レビー小体型認知症でも1日で症状は変動しますが、アルツハイマー型認知症では1日で症状が変動することはありません。

認知機能低下の自覚

認知症の方は何かが起こっていると感じてはいるものの、認知機能の低下による症状を自覚していることはあまりありません。高齢者のうつ病の方は認知機能の低下を自覚しており、症状が悪化していないかを気にするようになります。

妄想の内容

認知症の方の妄想で多いのが、自分で別の場所に移動したのにそのことを忘れて盗まれたと思い込む「もの盗られ妄想」です。高齢者のうつ病で生じやすいのは心気妄想、貧困妄想、罪業妄想の3つです。不安や死にたいという気持ちが強くなる傾向もあります。

高齢者のうつ病(老人性うつ病)への対応

高齢者のうつ病にはどのように対応すればよいか

高齢者のうつ病の方には、どのように対応したらいいのでしょうか。

うつ病の方への対応方法

うつ病の方は妄想により、現実とは異なる訴えを繰り返します。本人の訴えを否定をしたり、「がんばれ」と励ましたりするのではなく、「大丈夫ですよ」「必ず良くなりますよ」などの前向きな発言をするようにしましょう。

死にたいという気持ちの強い方には、あいさつ程度でもいいのでこまめに声をかけましょう。相手を気にかけていることが伝わる、温かい言葉を心がけてください。

気分転換になるからと無理に外出を進めるのはNGです。

うつ病の治療方法

うつ病は、抗うつ剤などの薬物療法や休養、カウンセリング、アートセラピーや音楽療法といった集団療法などの治療を適切に受けることで回復する病気です。高齢者のうつ病では環境の変化をきっかけに発症するケースも多いため、環境を整えることも重要です。高齢者は服用している薬も多いため、飲み合わせへの注意が必要となります。

おくすり手帳を活用しましょう。 医師と相談しながらその人にあった治療を受け、焦らずに回復を目指すことが大切です。

うつ病かもと思ったら

高齢者のうつ病は診断が難しい病気です。心療内科や精神科などの専門医を受診しましょう。専門医にかかるのを嫌がるようであれば、まずはかかりつけ医に相談してください。

高齢者のうつ病を予防する方法

老人性うつ病の予防方法とは

高齢者のうつ病を予防するためにも、次のポイントを意識した生活を送るようにしましょう。いずれも年齢に関係なく、心身を健康に保つために心がけたいポイントです。

人とかかわりを持つ

特に定年退職を迎えて自宅にいる時間が急に増えてしまうような状況は、うつ病を引き起こすきっかけになります。自宅を出て人とかかわりを持つために、早いうちから趣味を見つけたりボランティア活動を始めたりなど、交流関係を広げて人や社会とかかわっていると実感できるような生活を送りましょう。家族が積極的に声掛けをすることも大切です。

健康的な生活を送る

ウォーキングなどの適切な運動を継続する、栄養バランスの整った食事をとる、十分な睡眠をとるなど、健康的な生活を送るように心がけましょう。

まとめ

定年退職や身近な人の死など、高齢になるとうつ病になる要因が多くなります。若い人のうつ病と比べて、環境の変化がきっかけになることが多いのも高齢者のうつ病の特徴です。

高齢者のうつ病では、うつ病の一般的な症状が強く現れたり、逆に目立たなかったりと診断が難しいことがあります。また、症状が認知症と似ているため間違われることもあります。認知症とうつ病では必要な治療が異なるため、専門医による適切な診断を受けて治療を開始することが大切です。専門医の受診に抵抗があるようなら、かかりつけ医に相談するところからスタートしてもいいでしょう。

うつ病の症状は本人だけでなく、介護している家族も対応に苦しむことがあります。うつ病は治療によって良くなる病気ですので、医師と相談しながら焦らず回復を目指しましょう。

※この記事は2020年6月時点での情報を基に作成しています

「介護の困った」解決のお手伝い 電話・WEBで問合せいただけます【安心介護総合案内】

Q&Aをカテゴリから探す(介護の専門家に無料で相談する)
[質問カテゴリ]
| 介護保険制度  | 要介護認定  | 認知症  | 在宅介護 
| 施設介護  | 介護サービス | 福祉用具 | 高齢者の食事  | 介護疲れ
| 介護費用 | 高齢者の入院 | 介護の終わり | 遺産・相続 | 何でも介護相談

介護者同士で交流する(無料)
https://i.ansinkaigo.jp/posts

会員登録する(無料)
※会員登録で400円相当のポイントプレゼント!
https://i.ansinkaigo.jp/users/sign_up
監修者:春田 萌
監修者:春田 萌

日本内科学会 総合内科専門医、日本老年医学会所属
15年目の内科医師です。大学病院、総合病院、クリニックでの勤務歴があります。訪問診療も経験しており、自宅や施設での介護についての様々な問題や解決策の知識もあります。