できるはずのことができなくなる認知症の「失行」とは

出来るはずのことができなくなる認知症の「失行」とは

失行とは、運動機能などには問題がないのに動作がうまくできなくなる認知症の症状です。完治するのは難しいため、うまくサポートすることが必要になります。この記事では、失行の症状がある人の対応に役立つ知識をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

>>認知症について介護の専門家に無料で相談する:安心介護Q&A

 

失行とは

失行とは

失行とは、認知症の進行にともなって出てくる症状です。脳の運動野の障害によって起こるもので、運動機能や骨、関節、神経などには問題はないのに、やりなれているはずの行為ができなくなったり、使い慣れている道具が使えなくなったりします。認知症の症状だと理解していないと、「なぜできないのか」「なぜやらないのか」と戸惑ってしまうことでしょう。

中核症状とは

認知症の中核症状とは、認知症によって脳の細胞が壊れることで出てくる症状です。認知症にはいくつかの種類がありますが、脳の神経細胞が変化することで起こる基本症状は共通しています。

中核症状には他に、新しいことを覚えられない「記憶障害」、時間や場所が分からなくなる「見当識障害」、計画を立てて段取り良く作業を進めることができない「実行機能障害」などがあります。

認知症には中核症状の他に、人によって出る症状が異なる行動・心理症状(周辺症状・BPSD)があります。

ansinkaigo.jp

失語・失認という症状も

言葉を話したり、聞いたり、書いたりすることがうまくできなくなる「失語」や、目で見ているものが正しく認識できなくなる「失認」といった症状もあります。

いずれも認知症が進行すると出る中核症状です。

失行の種類

失行の種類



失行には、いくつかの種類があります。

観念運動失行

意識をしなければ問題なく行える動作が、口頭で指示をされたり、マネをしようとしたりするとできなくなる症状です。

例:

  • ジャンケンができない
  • 「手を振って」と言われるとできない

観念失行

今まで使い慣れた道具が使えなくなる症状です。

例:

  • ボールペンなどの日常的な道具が使えない
  • 歯ブラシが正しく持てない

構成失行

見た通りの図形が模写できなくなる症状です。認知症の初期からよく見られます。

例:

  • 目の前にある立体図形を模写できない
  • 簡単なパズルができない

着衣失行

順番通りに衣服を着脱できなくなる症状です。認知症ではよく見られます。

例:

  • 自分でボタンをはずして衣服を脱ぐことができない

失行のチェック方法

失行のチェック方法



今までできていたことができなくなっているなど、何かおかしいと思ったら以下の方法でチェックしてみましょう。プライドを傷つけないように、コミュニケーションの中で自然にチェックできるのが理想です。

図形を模写してもらう

図形の模写ができなくなる構成失行は、認知症の初期のうちから出てくる症状です。立方体または例のような重なる2つの五角形を模写してもらってください。「立方体は描けるけど五角形は描けない」など、どちらか一方だけ描けるというケースもあります。

図形を模写してもらう例

行為のマネができるか

行為のマネや簡単な指示通りの動きができるかを確認してみましょう。もしできなかった場合には、補聴器の不具合などがないかの確認も必要です。

やらなくなった日常の行為はないか

例えば毎日していた歯磨きをしなくなったのならば、もしかしたら歯ブラシが使えなくなったからかもしれません。「外出時に必ずネクタイを着用していたのに、最近は使わなくなった」「急須でお茶をいれなくなった」…など、やらなくなった日常の行為はないかどうかをチェックしましょう。

病院で診断を受けましょう

上記はあくまでも目安となるチェック方法です。「もしかしたら」と思ったら、早急に病院で診察を受けて早期診断・早期治療を受けましょう。

失行の対応方法

失行の対応方法

失行は完治が難しい症状です。「できないことをできるようにする」のではなく、失行と上手に付き合っていく方法を考えるようにしましょう。

できることを見つけてやってもらう

できることとできないことを把握し、できることはやってもらい、できないことをサポートするようにしましょう。

ボタンが外せなくなっていたら、ボタンの代わりにマジックテープにしてもいいでしょう。歯ブラシの使い方が分からなくなっていたら、介助者が手を添えて一緒に歯磨きをするという行動を繰り返し行います。

歯ブラシの毛先を上手に歯にあてることができないようであれば、毛先が広いものに変えたり、電動歯ブラシに変えたりといった工夫も必要です。

使う道具の数を減らす

使う道具の数を減らし、毎回同じ場所に置くようにしましょう。口腔ケアに必要な道具が分からなくなっているのなら、洗面台の周りの飾りや使っていない道具など、不要なものは片づけてしまいましょう。

視覚でわかりやすい工夫をする

色や図、メモなどを使って、使い方や使う順番が視覚的に分かるようにしておきましょう。

まとめ

運動機能などには問題がないのにもかかわらず、特定の行為がうまくできなくなる失行は、認知症の中核症状のひとつです。

見た通りの図形が模写できなくなる構成失行は、認知症の初期のうちから出やすいこともあり、病院で診断のための検査にも使用されています。他にも着衣失行、観念失行、観念運動失行などがあります。 失行は完治することが難しい症状です。

残っている機能を生かしながら日常生活を継続する方法を、ケアマネジャーを中心とした介護職員に協力をしてもらいながら探してみてください。

※この記事は2020年3月時点の情報で作成しています。

「介護の困った」解決のお手伝い 電話・WEBで問合せいただけます【安心介護総合案内】

Q&Aをカテゴリから探す(介護の専門家に無料で相談する)
[質問カテゴリ]
| 介護保険制度  | 要介護認定  | 認知症  | 在宅介護 
| 施設介護  | 介護サービス | 福祉用具 | 高齢者の食事  | 介護疲れ
| 介護費用 | 高齢者の入院 | 介護の終わり | 遺産・相続 | 何でも介護相談

介護者同士で交流する(無料)
https://i.ansinkaigo.jp/posts

会員登録する(無料)
※会員登録で400円相当のポイントプレゼント!
https://i.ansinkaigo.jp/users/sign_up
監修者:春田 萌
監修者:春田 萌

日本内科学会 総合内科専門医、日本老年医学会所属
15年目の内科医師です。大学病院、総合病院、クリニックでの勤務歴があります。訪問診療も経験しており、自宅や施設での介護についての様々な問題や解決策の知識もあります。