ケアプランの公正さに疑問の声 会計検査院が指摘

ケアプランの公正さに疑問の声 会計検査院が指摘


要介護の認定がつくと、担当のケアマネジャーがつきます。

ケアマネジャーは、介護保険で利用できる介護サービスを、 「要介護者の人格を尊重」し、「要介護者の立場に立って」、 「特定の事業者に不当に偏ることのないように」、 “ケアプラン”を作成して要介護者やその家族を支えるのが仕事です。

ただし、このケアプランが関係の深い特定の業者に偏りがちであると、 会計検査院は3月25日に発表した調査で指摘しました。

 

機能していない制度

ケアマネジャーが介護保険制度のケアマネジメントの業務を行うには、 下記のいずれかでなくてはなりません。

  1. 指定を受けた居宅介護支援事業者が設置する事業所に所属している
  2. 自らが居宅介護支援事業所を立ち上げて指定を受ける

この「居宅介護支援事業所」の9割に介護業者が併設されています。

つまり、ケアマネジャーの多くは、特定の介護業者と関係が深いということです。

厚生省令「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準」では、 居宅介護支援事業所は所属するケアマネジャーに、自分たちの介護サービスを ケアプランに入れるように指示などをしてはいけないと定めています。

また、ケアマネジャーの公正さや中立さを保つための制度が、 2006年に厚生労働省によって定められました。

これにより、ケアプランの90%以上が正当な理由なく 特定の業者に偏っていた場合には、支援事業所の介護報酬が減額されます。

この制度を会計検査院は「機能していない」と指摘しています。

4割の介護事業所で偏り

会計検査院は2013年にケアプランを作成した2,230事業所を対象に、 特定の介護業者に偏っている「集中割合」を調べました。

その結果、集中割合が70~90%となっている事業所が最も多く、 全体の4割にあたる912事業所。

そのうちの803事業所は、関連した介護業者のサービスを利用させていました。

f:id:ansinkaigo:20200605172743j:plain



集中割合が90%を超えると介護報酬が減額されてしまうため、 90%以下に収まるように意識してケアプランが作成されるケースや、 事業所間で話し合い、要介護者を融通しあっていたケースがあることもわかっています。

この結果を受けて会計検査院は、一部で利用者の希望や状況を考えた 公正なケアプランの作成がされていないこと、 そして現行の制度が業者間の融通などを生んでいることを指摘しました。

自作もできるケアプラン

実はケアプランは高齢者または介護家族が作成することも可能です。

自作すれば受ける介護サービスや介護業者を自由に選ぶことができます。

ただし、実際に自作している人は要支援者・要介護者の0.1%以下だということです。

これは専門知識がないことや、作成者の責任が要介護者本人 またはその家族に重く押しかかってくることが理由だと考えられます。

このケアプランの自作について、 介護専門家から投稿されているアドバイスを紹介します。

介護保険は必ずしもケアマネにプラン作成を依頼しないと利用できない訳じゃありません。 お住まいの介護保険課に相談してみてください。 作り方のマニュアル等が用意されてるかもしれませんし、地域包括支援センターでは自己作成について説明してくれると思いますが。(中略) 冒頭で書きましたが、ご自分でご両親のケアプランも作れますよ。 給付管理などは市役所がすると思いますし、サービス事業所もご自分で選ぶこともできます。 分からない事は役所とご相談してみてください。 利点は、ケアマネに気を使わないでご自分の病状に添ったプランを考えることが出来ます。 ご両親のケアマネを貴方様がする・・という事です。 (専門家花織つむぎさんの回答) (引用元)介護のQ&A「難病同居家族がいる際のケアプランについてケアマネからプラン放棄された場合は

 

私たちも本を参考にしますが、それはあくまでも 基本を研修で習っているからこそ参考にできるわけで 研修を受けていない方が本だけ見て作れるかは 疑問を感じます。 おそらく、本も素人用にはできていないかも… 今、お世話になっている老健のケアマネさんに 協力をお願いできないのですか? 老健のケアマネさんも居宅の勉強はしているので わかると思いますが… それが無理なら、本屋で自分の目で見て 分かりやすそうと思うのを選べばいいと思います。 (専門家たつ年さんの回答) (引用元)介護のQ&A「2泊3日3ヶ月に一度のショートステイを自分でケアプランは、作れる?

 

ケアプランの自己作成については、こちらのサイトに情報が載っていますよ。 www.mycareplan-net.com/ また、書式については、ケアマネジメントオンラインというサイトで無料で書式のダウンロードが出来ます。 無料書式の居宅介護というカテゴリで、必要な書式はダウンロードできると思います。 書き方や必要な書類等については、役所の介護保険窓口で説明してくれるはずです。 (専門家まはろさんの回答) (引用元)介護のQ&A「2泊3日3ヶ月に一度のショートステイを自分でケアプランは、作れる?

 

まとめると、ケアプランを作成する場合には

・参考になるサイトや本がある ・介護保険窓口や地域包括センターでアドバイスを受けられる ・ただし専門知識がないと難しい

ということです。

また、ケアマネジャーが納得できるケアプランを作成してくれないと感じるようであれば、 「ケアマネジャーを代えるように」と勧める声も多く上がっていました。

(参考) >>(外部サイト)会計検査院「介護保険制度の実施状況に関する会計検査の結果について」(3/25)

>>(外部サイト)ダイアモンドオンライン「高齢者を“無能”扱い?「介護プランはケアマネジャー任せ」の理由」(2015/5/13)

Q&Aをカテゴリから探す(介護の専門家に無料で相談する)
[質問カテゴリ]
| 介護保険制度  | 要介護認定  | 認知症  | 在宅介護 
| 施設介護  | 介護サービス | 福祉用具 | 高齢者の食事  | 介護疲れ
| 介護費用 | 高齢者の入院 | 介護の終わり | 遺産・相続 | 何でも介護相談

介護者同士で交流する(無料)
https://i.ansinkaigo.jp/posts

会員登録する(無料)
※会員登録で400円相当のポイントプレゼント!
https://i.ansinkaigo.jp/users/sign_up