お食事宅配サービスの上手な活用法 介護の食事作りに負担を感じている方へ

介護の食事作りに負担を感じている方へ朗報!お食事宅配サービスの上手な活用法

在宅介護する場合の問題のひとつに “食事の問題” があるのではないでしょうか?

仕事をしながら介護をしていたり、またほかの介助に追われてしまうと、「毎日の食事にまで手が回らない!!」と負担を感じている方も多いのではないでしょうか?

特に、高齢になると、食べやすさや消化の良さなどを配慮しなくてはならず、メニューを考えるのとは違った工夫と手間が必要になります。

「硬い食事だと食べにくそう・・・」 「でも、煮崩れたりして見た目がおいしくなさそうでは食べてくれない」

など、悩みがつきないのに毎日やらなきゃいけないのが食事の大変さです。

食事作りの負担を減らすには?

では、介護をする人が食事作りの負担を減らすためにはどうすればよいのでしょうか。 解決策としていくつかの候補が挙げられます。

レトルトなどの介護食をドラッグストアなどで購入する、介護ヘルパーさんをお願いするといった方法がありますが、もっと手軽で気軽に使える方法があることご存知でしょうか?

お弁当や冷凍のパックに入った惣菜などを家まで届けてもらう宅配サービスです。

 

お食事宅配サービスの種類

今や食事の宅配は、もともと食品を扱っている会社だけでなく製薬会社、生活協同組合など、様々な会社が行っています。

それぞれに工夫をされていて、見た目は普通の食事と変わらないのに、非常に柔らかく作られていたり、栄養バランスやカロリーを考え、豊富なメニューを提供してくれます。

サービスの仕方もそれぞれ違い、専門のスタッフが直接お弁当を届けてくれるところもあれば、宅配便で届けてくれるところもあります。 前者は配送地域が限られますが、後者ですと全国どこからでも注文することができます。

また、メニューにより長所短所の特徴があり、 お弁当形式だと、容器に入っているので電子レンジでそのまま温めてすぐに食べられますが、日持ちがしません。 冷凍パックに入ったものだと、お皿に盛る手間と食器を片付ける手間がありますが、いつでも好きな時に好きな量だけを食べることができます。

金額や注文単位も各社で異なり、例えば、夕食のみ5日間で税込2,780円というものもあれば、一日2食で7日分 税込9,817円というところもあります。

お試しを設けているところもあるので、生活スタイルに合った宅配サービスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

>>お食事宅配サービスを探してみる

>>『介護の食事』について無料で専門家に相談する!