服薬管理は大丈夫??相談しよう「訪問薬剤師」

訪問薬剤師

超高齢化社会といわれる現在の日本。 高齢者世代が増えるにつれて介護を必要とする人口も急激に増えており、介護ケアサービスの供給不足が問題となっています。 これに対し国は対策として、要介護者の住み慣れた生活の場で必要な医療・介護サービスが受けられ自分らしい生活を実現できる社会作りを目指しており、在宅医療・介護への取り組みや支援を行っております。 そんな中最近耳にするのが「訪問薬剤師」という言葉です。

薬を調剤するだけじゃない!?訪問薬剤師ってなに?

薬剤師は薬局・病院の他、製薬会社、行政、学校などいろいろな場所で活躍しています。 在宅医療に取り組む薬局に在中する薬剤師が「訪問薬剤師」と呼ばれ、医師の指示のもと、医療・介護保険制度を利用して、在宅医療を受けておられたり、通院が困難な患者さまのお宅へお伺いして、お薬の説明や管理、飲み方のご指導など、「薬の専門家」として療養や治療のお手伝いをしています。 では、介護の現場ではどのような業務で私達の手助けをしてくれるのでしょうか?

頼りになる訪問薬剤師!利用するメリットとは?

皆様は介護でこんな困ったことはありませんか?

「処方される薬が多くて管理が大変だし飲みづらい!」 「決められた時間に薬を飲めてない!気づいた今から飲んでも平気なの?」 「いつも薬を飲むのを嫌がってる。どうすれば飲んでくれるようになるのかな」 「遠距離介護で様子を見れてないけど、薬はちゃんと飲めているのかな。心配だなぁ」

上記のような服薬についての悩みなど、薬に関する問題については訪問薬剤師に相談することで解決できる場合がほとんどです。 実際にケアマネジャーの方々も、要介護者の同意の上で薬に関する業務は訪問薬剤師に依頼をし、服薬管理・指導を行ってもらうようケアプランを作成しています。

訪問薬剤師が行うこととして、例えば、種類が多くて飲み間違えてしまいそうな薬の一包化を行います。それにより主介護者の薬の仕分けの手間を省いてくれるだけでなく、ひとつにまとめることで要介護者自身も管理がしやすくなり、飲み間違えや飲み忘れが防げます。 また、飲みづらい薬に関しては、形状の違う薬にできないか医師に提案を行ってくれたり、服薬の仕方についての疑問や薬の成分に関して知っておきたいことなど、身近に薬剤師がいることでいつでも相談ができて安心です。 独居の方であればヘルパーや看護師のいない日に訪問し、見守りチームの一員として様子を伺ったりもしてくれます。

実際に薬剤師がご自宅に伺うことで、要介護者の生活環境に合わせてお薬カレンダーの設置を行ったり、飲み忘れなどで数の合わない薬など残薬を確認・管理して、薬をもらいに行くタイミングをお知らせをすることなどもできます。

「飲みづらいという理由から錠剤を無理に潰して飲ませていた」という方や「服薬について聞きたいことはあるけど医者は忙しそうだし、聞きたくても聞けなかった」という方は、一度薬剤師に相談することで悩みを解決できる糸口となってくれるかも知れません。

訪問薬剤師にきてもらう為にはどうすればいいの?

在宅訪問を行っている薬局に直接連絡をする、もしくは担当のケアマネジャーに一度相談してみましょう。