高齢者の健康管理

高齢者にとって大切な「経口摂取」を続けるためには

経口摂取とは口から食べ物を摂取することです。食事は高齢者にとって大切な楽しみの1つですが、食べ物をかみ砕いて飲みこむ力が弱くなると、安全に口からの食事ができなくなることがあります。この記事では経口摂取の意義や継続するポイントなどをまとめて…

特定健康診査は75歳になると受けられないのですか?

質問 毎年、父は特定健康診査を受診していますが、74歳までしか受けられないのでしょうか?来年75歳になるので、定期的に健康チェックができなくなるとしたら心配です。75歳以上でも受けられる健診があれば教えてください。 定期的に健診を受けて、健康状態…

経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)とは?

経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)は、病気や障害によって口からの食事が難しくなった方が、鼻の穴から通したチューブを通して胃に栄養剤を注入する方法です。メリット・デメリット、在宅でのケア方法など、医師に勧められた場合にぜひ知っておきたいことを解説…

舌苔(ぜったい)とは? 舌の白い付着物が起こすトラブルやケア方法を解説

口腔機能が低下し、自分でケアをするのが難しい高齢者は、様々な口腔トラブルを引き起こしてしまいます。その原因のひとつとなるのが、舌苔です。本記事ではそんな舌苔が引き起こすトラブルや自宅でできるケア方法などをまとめています。ぜひご確認ください…

高齢の親と自分自身の認知症予防について気になっています。家でもできて簡単に続けられそうなトレーニング方法を教えてください。

質問 高齢の親と暮らしています。まだ認知症ではありませんが、以前よりも頭も身体も衰えてきているのではないかと気になっています。自分についても将来が不安です。最近物忘れが多くなってきたような気がしています。何か家でもできて続けられそうな方法は…

認知症になっても、ゲームやレクで悪化を予防できますか?

質問 父が軽度の認知症と診断されました。自宅で簡単なゲームやレクリエーションをやってみたら?と友人に言われましたが、認知症になっても効果があるのでしょうか。 手軽で、楽しみながら悪化を予防できるものがあれば、ぜひ取り入れたいです。 デイサービ…

認知症の基礎知識

認知症は種類が多くて症状も幅広いため、介護をしている家族が戸惑ってしまったり、異変に気付いても受診するきっかけがつかめなかったりすることがあります。早期発見や早期治療、そして認知症介護のコツをつかむためにも認知症の基礎知識に触れておきまし…

傾眠とはどんな症状でしょうか?原因と対策、注意点があれば知りたいです。

質問 同居している高齢の母は特に身体の悪いところがないのですが、昼間でもよくうつらうつらとしています。家族は「年寄りだから」と気にしていなかったのですが、最近「傾眠」ということばを知り、あまり良くない状態ではないかと心配になりました。「傾眠…

高齢者がかかりやすい感染症とは

高齢になると加齢に伴い、感染症などの病気にかかりやすくなります。特に家族に高齢者がいると、なぜ高齢者は感染症にかかりやすくなるのか、感染症にはどのような種類があるのかなどが気になるのではないでしょうか。今回は、高齢者と感染症の関係や、高齢…

高齢者に多い骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは?

高齢者がなりやすい病気として耳にする機会も多い骨粗鬆症という言葉。骨粗鬆症は骨折などを引き起こすリスクも高いため、自分の家族には特に気を付けてほしいものではないでしょうか。骨粗しょう症とはどういったものなのか、どうすれば家族が骨粗鬆症にな…

老年症候群とは?

老年症候群という言葉はあまり聞きなれない言葉かと思います。そのため言葉を聞いてもどんな状態なのかわからないというお声を良く聞きます。今回は老年症候群とはどういう状態なのかというところについてご紹介します。この記事を読むことで老年症候群につ…

ビタミンD不足で骨粗しょう症に?高齢者がとりたいビタミンD

ビタミンDは丈夫な骨を作るために重要な栄養素の1つです。 高齢者はビタミンD不足になると骨粗しょう症で骨折するリスクが高まるため、毎日の食事から必要な量をきちんと摂取したいところです。 高齢者のビタミンD目標摂取量や、不足したときにどんなことが…

高齢者に多い白内障とは?

高齢者に多い目の疾患である白内障。目のことは自分以外が判別することがなかなか難しくご本人が何かおかしいと思ったころには白内障になっていた、あるいは白内障が進んでいたということがあるかもしれません。ここでは、白内障がどういう病気であるかに加…

マグネシウム|高齢者が摂りたい栄養素

高齢者にとって、マグネシウムは無視できない栄養素の一つです。マグネシウムは体内で300種類以上の酵素反応を助けており、不足するとさまざまな症状を引き起こします。 この記事では、高齢者にマグネシウムが不足した際の症状や摂取量の目安、含有量の多い…

ビタミンCは高齢者がとりたい栄養素!効果や目標摂取量は?

ビタミンCは高齢者が積極的にとりたい栄養素の1つです。ビタミンCに対していいイメージを持っている方は多いと思いますが、具体的にどんな働きをしているかご存知ですか? この記事では高齢者が1日にとりたいビタミンC摂取量や、不足したときに出る症状、ビ…

ビタミンB12不足が貧血の原因に⁉︎高齢者がとりたい栄養素

倦怠感やめまいなど、貧血で悩まされる高齢者は多いですが、その症状の原因はビタミンB12不足かもしれません。 この記事では高齢者に必要なビタミンB12摂取量や、貧血を含めビタミンB12不足の高齢者に心配される症状、さらにビタミンB12を多く含む食品などを…

亜鉛は高齢者がとるべき栄養素!不足すると味覚異常や免疫力の低下に

必須ミネラルの1つである亜鉛は、高齢者に不足しやすい栄養素としてよく名前があがります。亜鉛不足は高齢者の健康に関わる様々な症状の引き金になりますので、必要な量を欠かさずとることが重要です。 今回は高齢者がとるべき亜鉛の摂取量や、不足したとき…

高齢者のカリウム摂取目安量は?腎機能低下の場合はとりすぎ注意

カリウムは高齢者が気をつけて摂取すべき栄養素の一つです。 カリウム不足は様々な肉体的・精神的症状の原因となりますが、腎臓が弱っている場合にはカリウムのとりすぎが体調不良を引き起こす場合も。 この記事ではカリウムの摂取目安量やカリウムを多く含…

高齢者のカルシウム不足に注意!必要摂取量や効率よくとれる食品は?

カルシウムというと聞きなじみのある言葉かもしれませんが、日本人に不足しがちな栄養素であることはご存知でしたか? 日本では若者もカルシウム不足に要注意の状況ですが、とくに高齢者はカルシウムを積極的に摂取しないと、骨粗しょう症などの症状が出やす…

最近よく耳にするロコモって何ですか?高齢の親にはいつまでも元気でいてほしいと思っています。今からできることを教えてください。

質問 後期高齢者の親と暮らしています。まだ元気ですが、できるだけこのまま介護状態にならずに暮らしてほしいと願っています。ロコモは運動機能に関係することばということは知っているのですが、まだよくわかっていません。自分も足腰に不安が出てきている…

高齢者についての記事でフレイルということばを見かけるようになりました。親には最期まで元気で過ごしてほしいのですが、家族ができることとはどのようなことなのでしょうか。具体的に教えてほしいです。

質問 元気だった両親も2人そろって後期高齢者となりました。普通の生活には問題がありませんが、最近ちょっとしたふらつきやつまずきが見られるようになってきました。いつまでも若々しさを保っていてほしいですが、「年だから」と本人たちも周囲もあきらめ…

パーキンソン病とはどんな病気?症状や予防法、進行はどう進む?

名前は聞いたことあるけれど具体的にどんな病気かがわからないという方も多いパーキンソン病。65歳以上で発症率の高くなる病気のため、65歳以下の方では家族が罹患したことによってはじめて知ったという方もいるのではないでしょうか。今回はパーキンソン病…

最近サルコペニアということばを聞くようになりましたが、うちの親に当てはまっているのではないかと心配です。どのような症状で何に気を付ければ良いのでしょうか。介護防止策を知りたいので教えてください。

質問 高齢の親の食が細くなってきたように思います。サルコペニアという症状に当てはまるのではないかと気になっています。放置すると介護状態になると聞き不安です。サルコペニアとは正しくはどのようなものですか。家族として何ができるのでしょうか。今か…

関節リウマチとはどんな病気?症状や予防法、介護保険の利用

関節リウマチという病気について聞いたことはあるもののどんな病気かはわからないという方もいるのではないでしょうか。もしも家族が関節リウマチになったらこの先どうなってしまうのか、関節リウマチとなった家族のために自分がしてあげられることは…?とい…

廃用症候群とは 原因・症状・対策

廃用症候群とは 廃用症候群の原因 絶対安静の状態で筋肉が衰えたり、精神が低下したりする 関節の動きが悪くなり、更に症状が悪化する 廃用症候群の種類と症状 廃用症候群になってしまった場合の対応方法 過度な介護・介助は避ける 歩ける機会を作る リハビ…

介護者が知っておきたい口腔癌(こうくうがん)とは 原因・症状・対策

口腔癌(こうくうがん)とは 口腔癌の原因 喫煙が原因となるケース 飲酒が原因となるケース 喫煙と飲酒どちらも行うケース 介護者が知っておきたい口腔癌の症状 セルフチェックの方法 口腔癌の治療方法 口腔癌の治療後について 口腔癌の予防方法 口腔癌(こ…

腸ろうとは メリットや介護方法

腸ろうとは 腸ろう(腸瘻)とは、嚥下障害や認知症によって経口摂取が難しい場合に腸に穴を開け、そこから栄養を直接入れる「経管栄養法」のひとつです。 誤嚥や窒息などを防ぎつつ、栄養や水分を摂取できるようにすることで、健康状態を回復させる目的があ…

“老人性うつ病”とは 認知症に似た症状も

認知症と見分けがつきにくい病気に“老人性うつ病”があります。 ・気分が落ち込む ・感情が乏しくなり無表情に ・何にも興味を持たなくなる ・不眠 ・食欲不振 ・注意力や集中力の低下 などなど、認知症の症状と重なる部分があり、 さらに老人性うつ病の場合…

認知症の受診や診断を嫌がるときの対応方法

“認知症”は高齢者だけの病気ではありません。 64歳以下でも“認知症”を発症し、若年性認知症と診断されている方も増えています。しかし、中には認知症になったという事実を受け入れられない人も……。 特にこれまでしっかりと日々を過ごしてきた人ほど、認知症…

認知症の方や要介護者との介護旅行のコツやポイント

介護旅行 とは、介護が必要な方と行う旅行のことです。 認知症が発症したり、介護が必要な状態になったからといって、新しい思い出が作れなくなるわけではありません。旅行は介護をする方にとっても介護が必要な方にとっても、日常から離れてワクワクできる…

うつ・抑うつの対応

うつ・抑うつとは 認知症によるうつ・抑うつ うつ・抑うつの原因 環境の変化 自分の行動に落ち込みうつになる場合 薬の副作用 うつ・抑うつのチェックリスト 老人性うつ病を疑いましょう うつ・抑うつの対応方法 うつ・抑うつの予防法と改善策 わずかなサイ…

不眠・睡眠障害・昼夜逆転の対応

不眠・睡眠障害・昼夜逆転とは 不眠・睡眠障害・昼夜逆転の原因 体内時計のずれ 日中の過ごし方 寝室の環境 身体的な不快感 夜中のせん妄 不安 不眠・睡眠障害・昼夜逆転の対応方法 不眠・睡眠障害・昼夜逆転の予防法と改善策 体内時計の正常化 入浴 頻尿の…

食べないときの原因と対応

認知症になると、周りの家族からは何が原因なのか分からない症状がよく見られます。急に食べなくなることも、このような問題の1つです。そんなとき、いったいどう対応すれば良いのでしょうか。 食べないとき 食べないときの原因 食べないときの対応方法 食べ…

メマリー(メマンチン)とは

アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも多く見られるものです。 症状が進行すると、介護者を含めた周囲の人に大きな負担が生まれるでしょう。ここでは、アルツハイマー型認知症の治療に用いられる薬「メマリー(メマンチン)」について解説します。 メマ…

認知症による幻覚、錯覚の原因と対応

実際には見えるはずのないものが見えた。認知症になると、そんな経験のある方は多いでしょう。例えば「幽霊を見た」というのも、この状態と似ています。 単なる勘違いかもしれませんが、当人にとっては「本当に勘違いだったのか」「もしかしたら心の病気なの…

見当識障害とは

家族が認知症と診断されていない時点では、何らかの症状があっても、それを認知症の初期症状と分からないことが多いでしょう。そのため、どのような症状があるのかを知っておくことが大切です。ここでは認知症に見られる初期症状のうち、見当識障害について…

理解や判断力の障害

脳の細胞が壊れて認知症になると必ず出る症状を中核症状と呼びます。理解力や判断力の障害は、そんな中核症状の1つです。 >>認知症の中核症状・周辺症状(BPSD) ここではそんな理解力や判断力の障害を見ていきましょう。 理解力や判断力の障害とは 良い悪い…

記憶障害の種類と対応

記憶障害とは 記憶障害には5種類ある 短期記憶障害 長期記憶障害 エピソード記憶の障害 手続き記憶の障害 意味記憶の障害 アルツハイマー型認知症の進行と記憶障害の特徴 アルツハイマー型認知症初期の記憶障害の特徴 アルツハイマー型認知症中期の記憶障害…

リスパダール(リスペリドン)とは

認知症の方に処方されることも多い“リスパダール(リスペリドン)”は、ベルギーに本社のある製薬会社ヤンセンファーマが、1984年に開発した薬です。 1996年4月には、日本でも統合失調症に用いる薬として承認されていますが、それ以外の精神症状でも処方され…

アリセプト(ドネペジル)とは 利用者の声もご紹介

アリセプトは認知症の治療に広く使われています アリセプト(ドネペジル)は認知症の治療薬の1つで、エーザイ株式会社が開発・販売しているものです。 アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の進行を抑制します。 この薬は、古くから認知症の治療に使…

呼吸器疾患のための呼吸リハビリ

病気や外傷によって、呼吸器に障害が生じる呼吸器疾患。主なものでは、重い肺炎などが原因の肺損傷、気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患、慢性の病気である間質性肺炎、肺線維症、神経疾患による呼吸機能の低下などがあげられます。 呼吸器疾患のための…

変形性膝関節症など骨関節疾患のリハビリ

骨関節疾患とは骨や関節の異常や変形によって発症する病気で、含まれる疾患の種類は非常にたくさんあります。 代表的なものは、変形性膝関節症のほか、変形性股関節症、肩関節周囲炎、変形性腰椎症、骨粗しょう症、頸椎症などです。 体を支える骨や骨と骨を…

心疾患のための心臓リハビリ

心疾患には、急性心筋梗塞、狭心症、心不全、心臓手術後、大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症などの病気があり、心臓の機能が著しく低下します。それだけではなく、心臓をいたわるために安静な生活を続けることで、運動機能や体のさまざまな調整機能が弱まってし…

脳卒中のリハビリ

脳の血管が破れたり、詰まったりすることが原因で発症する病気の総称を「脳卒中」と呼びます。 脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などは、代表的なものとしてご存知の方も多いでしょう。 脳卒中を発症すると見られる典型的な症状としては、右、または左半身の手…

トイレに間に合わないときの対策

介護の中でも、手がかかるもののひとつが排泄介助です。 実際に在宅介護をしている人の多くが、排泄介助を「大変だ」と感じています。 >>トイレを使った排泄介護の注意点と方法 他の介助とは異なり、排泄は1日に数回という頻度で行われます。 要介護者の…

褥瘡(じょくそう)とは 原因と予防方法

褥瘡(じょくそう)とはいわゆる床ずれのことです。 同じ体制で長期間寝たきり・座りきりの状態になった場合、接触部分の皮膚や皮下組織が圧迫されて血行が悪化。その結果、周辺組織が壊死した状態を褥瘡(じょくそう)と言います。 褥瘡(じょくそう)の原…