谷山由華

医師:谷山 由華(たにやま ゆか)

医師:谷山 由華(たにやま ゆか)

【経歴】
・防衛医科大学校医学部医学科卒業
・2000年から2017年まで航空自衛隊医官として勤務
・2017年から2019年まで内科クリニック勤務
・2019年から内科クリニックに非常勤として勤務、AGA専門クリニック常勤

内科クリニックでは訪問診療を担当。内科全般、老年医療、在宅医療に携わっている

介護をしている親の、食べ物の飲みこみが悪くなってきました。ムセて辛いので、食事も進みません。どうにか食べられるように、家族ができることはありますか?

質問 要介護4の親ですが、食べ物の飲みこみが悪くなってきました。水分でも、ときどきむせてしまうことがあります。ムセると辛いからか、最近は食事が憂鬱のようです。 もともと食事が好きな人だったので、見ていてかわいそうになります。どうにか食べられる…

認知症の母が、最近怒りっぽくなり、文句ばかり言うので困っています。毎日文句を言われるのは辛いです。なぜこうなってしまったのか、どのように対応したらいいのかを教えてください。

質問 認知症の症状が出ている要介護1の母が、最近怒りっぽくなり、文句ばかり言うので困っています。仕事が終わった後に母の家に行き、料理をしたり、お風呂を見守ったりと、一生懸命に介護をしているのですが、日中に電話に出られなかったことや料理につい…

まだ小学生の息子がいるのですが、夫が若年性認知症だと診断されました。仕事はまだできていますが、これからが不安です。どのような支援が受けられ、本人とどう接したらいいのかを教えてください。

質問 まだ小学生の息子がいるのですが、夫が若年性認知症だと診断されました。職場にも事情を説明し、できる範囲の仕事をさせてもらっていますが、残業が無くなって収入が下がったため経済面にも不安が残ります。 周りにはまだ介護をしている人はいないため…

まだ50代ですが父の様子若年性認知症患者の基礎疾患内訳がおかしいです。仕事でもミスをしているようで、若年性認知症ではないかと心配しています。どのような症状があり、どの診療科を受診したらいいのかを教えてください

質問 まだ50代の父ですが様子がおかしく、数日前の出来事を忘れてしまうことが増えてきました。会社でもミスが増えて部署が異動となっていたようです。日常生活は大きな問題なく過ごせておりますが、家族や仕事の同僚がいるから何とかなってしまっている印象…

医師から、親の胃ろうをすすめられていますが、食事の楽しみを奪ってしまうようで迷っています。メリットやデメリット、手術の流れ、胃ろう後の生活について教えてください。

質問 神経難病がある母親ですが、この1年ほどは口からの食事でむせることが多くなり、誤嚥性肺炎を繰り返しています。医師からは胃ろうをすすめられていますが、本人はしっかりしており、食事は数少ない楽しみなので、その楽しみを奪ってしまうようで迷って…

親がレビー小体型認知症と診断されました。どのような病気でこれからどんな症状が出てくるのか、どんな対応をしたらいいのかを教えてください。

質問 同居している親の様子がおかしいので、病院に行ってみると、レビー小体型認知症と診断されました。あまり聞いたことのない認知症で、今までイメージしていた認知症と症状が違うため戸惑っています。 できるだけ今までの暮らしを続けて欲しいと思ってい…

認知症による幻覚、錯覚の原因と対応とは?

実際にはそこに存在していないものを見たり聞いたり感じたりする幻覚や、実際にあるものを事実と違ったものとして認識する錯覚は、本人だけではなく家族も混乱してしまうものです。高齢者が幻覚や錯覚を訴えたらどう対応したらいいのでしょうか。この記事で…

認知症の人が怒りやすくなる原因と対策

認知症になると、怒りっぽくなって人格が変わったように思えることがあります。これは「易怒性(いどせい)」という認知症の症状です。薬に頼らなくても改善する可能性があります。この記事では怒りっぽくなる原因や対応方法についてまとめました。ぜひ参考…

褥瘡(じょくそう)の原因と予防方法とは

自力での寝返りが難しくなると、発生しやすくなるのが褥瘡(じょくそう)です。悪化すると潰瘍が筋肉や骨にまで届き、強い痛みを伴い、状態によっては外科手術が必要になります。この記事では、褥瘡の予防や早期発見に役立つ情報をまとめました。ぜひご確認…

できるはずのことができなくなる認知症の「失行」とは

失行とは、運動機能などには問題がないのに動作がうまくできなくなる高次脳機能障害で、認知症でみられる症状の1つです。完治するのは難しいため、うまくサポートすることが必要になります。この記事では、失行の症状がある人への対応に役立つ知識をまとめま…

「腸ろう」とは?胃ろうとの違いや在宅介護のポイントをチェック

腸ろうは、病気や障害によって口から食事ができなくなった人が、腹壁と腸との間にチューブを通して、そこから栄養剤を直接腸に注入する栄養摂取法です。メリット・デメリット、在宅でのケア方法など、腸ろうを医師に勧められた場合に本人や家族がぜひ知って…

高齢者にとって大切な「経口摂取」を続けるためには

経口摂取とは口から食べ物を摂取することです。食事は高齢者にとって大切な楽しみの1つですが、食べ物を噛み砕いて飲みこむ力が弱くなると、安全に口からの食事ができなくなることがあります。この記事では経口摂取の意義や継続するポイントなどをまとめて…

経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)とは?

経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)は、何らかの原因によって口から食事ができなくなった、または必要な栄養を口から十分に摂取できなくなった場合に、鼻の穴から胃まで入れた細いチューブを通して胃に栄養剤を注入する方法です。メリット・デメリット、在宅での…