成年後見人制度

どの程度の認知症症状で成年後見人を検討すべき?

認知症などによって判断能力が低下した人は、法的に適切な判断をすることが困難です。そのため、自分自身にとって不利益な契約をしてしまう、ときには詐欺や悪徳商法などの被害に遭ってしまう可能性もあります。成年後見制度とは、一言でいうと「判断能力が…

認知症になる前に考えたい柔軟な財産管理ができる家族信託。成年後見人制度との違いやメリットは?

家族信託とは?メリットとデメリット メリット ①体調や判断能力関係なく財産管理を、財産処分が可能 ②柔軟な財産管理がおこなえる ③遺言書の代用になる(遺言代用信託) デメリット ①施設の入所や、入院の手続きが出来ない場合がある ②家族信託は契約なので契…

相談件数が増えてる“成年後見人”認知症との深い関係

認知症で判断能力が不十分な方は、契約などが出来ない 認知症の症状があることで金銭管理などの正常な判断能力が不十分な高齢者は、単独で有効な法律行為(契約等)がとても困難です。 ですが、昨今、そのような認知症の独居老人またはそれに近しい高齢者世…