介護離職

介護離職や介護休業への理解、就業者間でもまだ「不十分」

「介護離職ゼロ」は介護職の離職をゼロにすること?介護離職や介護休業制度について、把握していない就業者が多いことが分かりました

介護と仕事が両立しやすい環境づくりを。厚労省が事業主向けの助成金を新設

介護と仕事を両立しやすい環境を促すため、厚労省が事業主向けの助成金を新設します。取りにくいと思われる中小企業の助成が手厚くなっています。取得率は増えるでしょうか?

【アンケート結果】1割以上が経験している“介護離職”-その経緯と今後について

安心介護会員を対象に、介護離職についてのアンケート調査を行いました。離職に至るまでの期間や職場の理解について、そして今後についてなどを聞いています

厚労省、介護者の残業免除を企業に義務付けへ

来年1月から一定の条件を満たした介護者は、残業の免除を企業に申請できるようになります。パート従業員など非正規雇用の方も対象です。

厚労省、介護休業の要件緩和へ 気になる新基準は?

来年1月から介護休業を取得する要件がわかりやすくなり、さらに緩和されます♪ これまでの基準の問題点と新基準について解説しています

厚生労働省、介護離職ゼロのためのポータルサイトをオープン

労働者だけではなく事業主の方に向けた情報も提供されています。介護離職やそのきっかけとなる隠れ介護を減らせるでしょうか?

介護離職者は確実に増える?数値で見る「介護離職の現状」

「保育園落ちた日本死ね!!!」という内容のブログが注目を集めたのをきっかけに、「1億総活躍」を政府が訴えているものの、活躍したくても活躍できない人がいる現状が改めて浮き彫りになりました。 育児だけではなく介護も、活躍を続けるためには、社会の…

介護離職を減らせるか?-介護休業の分割取得が可能に

2012年に総務省が発表した調査によると、働きながら介護を行っている人は290万人以上いるそうです(出典1)。 また、親の介護を理由に離職する“介護離職者”は、40代から50代の働き盛りの世代が多いため、企業にとって大きな損失です(出典2)。 もちろん企業…

遠距離介護の新しい味方?日本郵政の「みまもりサービス」

全国各地にあるのが郵便局です。 日本郵政は25日、その利点を大いに活かしたサービスを、今年度中に全国の郵便局でスタートする方針だと発表しました。 すでに一部地域でサービス中 2013年度から、高齢者宅の「みまもりサービス」を一部地域でスタートしてい…

会社に介護を言い出せない“隠れ介護” 出世した頃に必要になる親の介護

“隠れ介護”という言葉を知っていますか? 家族の介護をしていることを会社には知らせずに働いている状態を指す言葉です。昨年から注目を浴びるようになりました。 たとえ会社に介護休暇や介護休業の制度があっても「会社に迷惑をかけたくない」、「出世に響…