2016-06-27から1日間の記事一覧

要介護認定者数が初の600万人越え、要介護2までが65%を占める

要介護認定者数、1人当たりの給付費などが過去最高を記録しました

介護家族にとっての「終活」とは

自分が望む死を迎えるため、そして死を迎えた後に周囲の人が困らないようにするための準備をすることを「終活(しゅうかつ)」と言います。2009年に週刊朝日が造り、広まった新しい言葉です。 終活にはこんなものが含まれます。 介護や医療の計画を立てる 終…

お通夜とは

お通夜とは本来、遺族や親族、そして個人と近しい人たちが集まり、夜通し線香とろうそくの灯を絶やさないように見守りつつ、故人を偲び、遺体に付き添うものでした。 最近では一般弔問客も迎え入れ、1~2時間程度でお通夜を行い、「通夜ふるまい」をして終わ…

葬儀・告別式とは

通夜が明けた翌日に行われるのが葬儀・告別式です。最近では予算の都合や本人の希望により、通夜を行わず遺体が搬送された日に、葬儀・告別式を行う場合や、通夜も葬儀・告別式も行わずに火葬式のみを行うことがあります。 本来、葬儀は故人を弔う宗教儀式で…

お葬式までにやることの流れ

やることはたくさんあるのに、なかなか慣れている人なんていないのが、危篤からお葬式までの段取りです。 どんなことをどんな順番でするのかを、あらかじめ知っておくといざというときに慌てずに済みますし、それだけで安心できるものです。 危篤時からお葬…

葬儀から初七日までの流れ

故人が亡くなられた後、最初に行われる法要が「初七日法要」です。 亡くなられた方は7日ごとに計7回、生前の罪状などを裁く審判を受けます。初七日法要はその最初の審判の日に、故人の冥福を祈り、仏様を供養するために行われるものです。7回目の最後の審判…

お墓にかかる費用とは

樹木葬や海洋散骨など、本人や家族の希望で様々な埋葬方法が選ばれるようになってきました。 >>お墓や自然葬など“埋葬方法”の種類 それでも一番選ばれているのは、墓地を購入し墓石を建てるお墓です。一般的なスタイルのお墓を建てるのにはどのくらいの費…